google-site-verification: googleffbc969efee6c755.html

【ネタバレプレイ日記】第三話 ねがいぼしは突然に!【ポケットモンスターソード】

2019年12月22日

前回のポケットモンスターソードプレイ日記

チャンピオンダンテが、ポケモンの捕まえ方をレクチャーしてくれました。
そのアドバイスを胸に(といってもシリーズ通してだからぶっちゃけ教えてもらわなくても分かるわけで)
僕はポケモンを捕まえながら博士の家の前にやってきたのであった。

そんな博士の家の前に待ち構えていたのは

たんぱんこぞう!!

なんだとっ!!

ちょっと待って!!
短パン小僧って歴代なんというか
生意気な表情のクソガキ(オイ)じゃないんですか!!

これ、あれですよ
おねショタが捗る姿ですよ!!

そんな、彼がポケモン勝負を持ち掛けてきたので

サクッと倒しておきました!

サクッと倒しておきました!

負けた顔がすごくかわいいですねぇ。
これは、世のお姉さま方が放ってはおけません!!

さて、博士のところに来るとダンテさんとお話ししています。

彼女の名前はマグノリア博士
そう名乗って、博士の家の中へ

アララギ博士以来の女性博士ですね

彼女はダイマックスの研究をしているようです。
マグノリア博士から、ソニアの作ったポケモン図鑑の完成を頼まれました。

そして、ポップはダンテにポケモンリーグ参戦の推薦状を要求
そんなダンテは推薦するためには熱いポケモンバトルをすることを提案

チャレンジャーの資格を得るために!!
お互い、本気のバトルを始めるのであった!

今の私のパーティです!
3対6!
ごめんね、ポップ!

圧倒的に私のヒバニーちゃん無双だったんだけど
どうやら、ダンテさんには胸を打たれたバトルだったようだ
いいのか、それで・・・・。

ともかく、推薦状ゲットだぜ!

推薦状ゲットではしゃぐ二人の上空に二つの隕石が!!
「ねがいぼし」という、不思議なパワーが秘めた石
博士もびっくりしていましたが、ダイマックスに関係あるもののようです。

博士に、ねがいぼしを託して今夜はお泊り。
ご飯はカレーみたいです。
この作品のカレーに対するこだわりは本当何?

翌朝

ねがいぼしから作られたダイマックスバンドを博士からもらいました。
これで、ダイマックスバトルができるようになりました!
今作の肝といえるダイマックスバトル
いわゆる、ポケモンによるレイドバトルですがどんな感じになるのか楽しみですね。

そういえば「Yボタン」でネット接続ができるようになってますね。

今回は、こんな感じのようです
交換やバトルがここでできるようですね。

ただ、GTSのようなポケモンを検索しての交換は今回はできないようです。
そこは残念だわ!

リーグチャレンジをするために、エンジンシティへ行くことになった二人。
電車に乗るために駅に来たらポップがわざマシーンをもらいました

「スピードスター」ノーマルわざの命中率100%
結構使えるんですよねこれ。
ホシガリスとかに使おうかな。

電車に乗ろうとしたら

ママさんたちがお見送りに来てくれました
そりゃ、自分たちの子供がポケモンと一緒とはいえ旅立つのです
ひと時のお別れは寂しいものですよね。
心配もありましょう。
もっとも、ちょっと進んだらいつでも戻ってこれるんですけどね
空を飛ぶとかさ

ママにもらったのは旅の必需品キャンプ道具です
今回のシステムの一つキャンプはポケモンたちと触れ合ったり、カレーを作ったりと大事な要素です。
早くサーナイトたんと戯れたい!!

電車に乗って

いろいろ、ポップとおしゃべり。
どんなポケモンがいるのか、ジムチャレンジはどんなものか!
未来がわくわくするような感じですね

駅に着いたら、二人の兄弟が!
レッツゴーしてる?って聞かれたんだけど
何のことかしら

女の子のほうが、ピカチュウれっつごーしてるということで
ピカチュウをもらいました!

なんなんですかねぇ?
レッツゴーって(すっとぼけ)

そして、親切なバックパッカーからピッピにんぎょうをもらいました。
このピッピ人形じつは次のエリアではすっごく重要なものになります。
本当、過去作はほとんどなくても問題なかったのにね。

次なるエリア
ワイルドエリアへ

今回の図鑑

今回のひろいもの♪